よくある質問


Q2.定期検査報告の初回はいつからか?

A2.
建築基準法施行規則第6条第1項による中部ブロック昇降機等検査協議会管内の特定行政庁が定める時期は検査済証が交付された月の2年後の月(報告月)が初回の報告となります、その後は毎年の(報告月)に報告することになります。
初回が2年後になる理由は規則第6条第1項による「検査済証の交付を受けた場合においては、その直後の時期を除く。」よるものです。
(特定行政庁の建築基準法施行細則で違いがありますが上記で運用)



建築基準法施行規則 第六条(建築設備等の定期報告)

第六条  法第十二条第三項 (法第八十八条第一項 又は第三項 において準用する場合を含む。以下この条において同じ。)の規定による報告の時期は、建築設備、法第六十六条 に規定する工作物(高さ四メートルを超えるものに限る。)又は法第八十八条第一項 に規定する昇降機等(以下「建築設備等」という。)の種類、用途、構造等に応じて、おおむね六月から一年まで(ただし、国土交通大臣が定める検査の項目については、一年から三年まで)の間隔をおいて特定行政庁が定める時期(法第十二条第三項 の規定による指定があつた日以後の設置又は築造に係る建築設備等について、設置者又は築造主が法第七条第五項 又は法第七条の二第五項 の規定による検査済証の交付を受けた場合においては、その直後の時期を除く。)とする。