平成12年5月31日 建設省告示第1416号

 

防火上支障のないエレベーターのかご及び昇降路並びに小荷物専用昇降機の昇降路を定める件

 

建築基準法施行令(昭和25年政令第338号)第129条の6第2号、第129条の7第2号及び第129条の13第2号の規定に基づき、防火上支障のないエレベーターのかご及び昇降路並びに小荷物専用昇降機の昇降路を次のように定める。

第1 建築基準法施行令(以下「令」という。)第129条の6第2号に規定する防火上支障のないエレベーターのかごは、次の各号のいずれかに該当するエレベーターのかごとする。

1 主要構造部を準耐火構造以外の構造とした建築物に設けるもの

2 住宅に設ける昇降機で昇降路のすべての出入口が1の住戸内のみにあるもの

3 昇降路のすべての出入口が1の階のみにあるもの

4 昇降路のすべての出入口が1の吹抜き(当該部分と壁又は戸で区画されていない部分を含む。)のみにあるもの

第2 令第129条の7第2号に規定する防火上支障のないエレベーターの昇降路は、第1各号(第2号を除く。)のいずれかに該当するエレベーターの昇降路及び階数が3以下で延べ面積が200u以内の一戸建ての住宅又は長屋若しくは共同住宅の住戸に設けるエレベーターの昇降路とする。

第3 令第129条の13第2号に規定する防火上支障のない小荷物専用昇降機の昇降路は、第1各号(第2号を除く。)のいずれかに該当する小荷物専用昇降機の昇降路及び階数が3以下で延べ面積が200u以内の一戸建ての住宅又は長屋若しくは共同住宅の住戸に設ける小荷物専用昇降機の昇降路とする。

 

附 則

この告示は、平成12年6月1日から施行する。

 

[▲このページのトップへ]