平成12年5月31日 建設省告示第1426号

 

遊戯施設の客席部分の構造方法を定める件

 

建築基準法施行令(昭和25年政令第338号)第144条第四号イの規定に基づき、遊戯施設の客席部分の構造方法を次のように定める。

第1 遊戯施設の客席部分の構造方法は、平成12年建設省告示第1419号の別表第1(以下「別表第1」という。)の遊戯施設の種類の欄各項に掲げる区分に応じ、定常走行速度及び勾配がそれぞれ同表の定常走行速度の欄及び勾配の欄各項に掲げる数値以下の遊戯施設及び同告示の別表第2(以下「別表第2」という。)の遊戯施設の種類の欄各項に掲げる区分に応じ、定常円周速度及び傾斜角度がそれぞれ同表の定常円周速度の欄及び傾斜角度の欄各項に掲げる数値以下の遊戯施設について、次に掲げる基準に適合する構造とすることとする。

一 別表第1()項及び()項に掲げる遊戯施設にあっては、次のイからハまでのいずれかに該当する構造とすること。

イ 次の()から()までに掲げる客席部分の区分に応じ、それぞれ()から()までに定める構造の側壁その他これに類するもの(以下「側壁等」という。)を客席部分に設け、かつ、乗降口に扉(施錠する装置を設けたものに限る。以下同じ。)を設けたもの

() 客席部分の人が座席に座って利用するもので、地盤面(客席部分の外側に十分な広さの床がある場合にあっては、当該床。以下同じ。)から客席部分までの高さが5m未満の客席部分 床面からの高さが55p以上で、かつ、座席面からの高さが30p以上の側壁等

() 客席部分の人が座席に座って利用するもので、地盤面から客席部分までの高さが5m以上の客席部分 床面からの高さが80p以上で、かつ、座席面からの高さが40p以上の側壁等

() 客席部分の人が立って利用する客席部分 床面からの高さが1.1m以上の側壁等

ロ シートベルトその他客席部分にいる人が客席部分から落下することを防止する設備(以下「シートベルト等」という。)を設けたもの

ハ 定常速度又は定常円周速度が毎時12q未満、勾配が2度未満で、かつ、地盤面から客席部分までの高さが2m未満のものにあっては、手すりその他客席部分にいる人が自ら体を支えることができる設備(以下「手すり等」という。)を設けたもの

二 別表第1()項及び()項並びに別表第2()項から()項までに掲げる遊戯施設で次のイからハまでのいずれかに該当するものにあっては、客席部分にいる人の体を確実に客席部分に固定する設備を設けること。

イ 客席部分が45度以上傾斜するもの(事故等で停止した場合に客席部分の人が客席から落下することなく速やかに客席部分が水平に戻るもの又は客席部分を壁又は囲いで囲う等客席部分の人の客席部分の外への落下を防止する措置を講じたものを除く。)

ロ 客席部分に床がないもの

ハ 遊戯施設の走行又は回転により客席部分の人が客席部分に座面に対し垂直方向に及ぼす力が零となるもの

三 別表第1()項及び()項並びに別表第2()項から()項までに掲げる遊戯施設で前号に掲げるもの以外のものにあっては、シートベルト等及び手すり等を設けること。

四 別表第1()項に掲げる遊戯施設にあっては、高さを50p(客席部分の人に走行方向に直交する方向に遠心力が作用する部分においては、さらに当該遠心力により客席部分の人が外に飛び出さないために必要な高さを加えるものとする。)以上とした側壁を設けること。ただし、次に掲げる部分においては、この限りでない。

() 客席部分への乗入口

() 客席部分からの出口(当該出口の直前1.5m以上の部分を直線とし、かつ、当該出口に深さを85p、当該出口の先端からの長さを6m(安全上支障ない場合においては、3m)以上としたプールを設けた場合に限る。)

() 客席部分の両側に落下防止用の張り出し部分が設けられている部分(曲線部分を有しないものに限る。)

五 別表第2()項から()項までに掲げる遊戯施設にあっては、シートベルト等及び手すり等を設けること。ただし、別表第2()項に掲げる遊戯施設(第一号イ又はロのいずれかに該当する構造としたものに限る。)で定常円周速度が毎分200m以下のものにあっては、シートベルト等を設けることを要しない。

六 別表第2()項に掲げる遊戯施設にあっては、客席部分を壁、床、天井その他これらに類するもので囲い、かつ、乗降口に扉を設けること。ただし、地盤面から客席部分までの高さが10m以下のもので第一号イに該当する構造としたものにあっては、この限りでない。

第2 客席部分には、遊戯施設の使用の制限に関する事項を掲示すること。ただし、乗り場において当該事項を掲示した場合にあっては、この限りでない。

 

附 則

この告示は、平成12年6月1日より施行する。

 

 

[▲このページのトップへ]